新築マンション

CONTENTS

マンスリーマンションと賃貸マンションの違いって?

マンスリーマンションと通常の賃貸マンションとの一番大きな違いは、初期費用の差です。賃貸マンショ…

キャンパスが変わる大学生にマンスリーマンションはおすすめ!

計算機

東京都内の大学といっても、4年間を通して同じキャンパスで過ごさないケースがあります。大学1年生や2年生は東京都の隣県、3年生や4年生になる際に東京都内のキャンパスになる大学があります。この際、賃貸アパートやマンションを利用すると敷金や礼金、引っ越し費用が高額になります。しかし、マンスリーマンションを利用することで、その問題を解決することができます。
マンスリーマンションなら1日単位や月単位、年単位での契約ができ、敷金や礼金が不要です。さらに家具や家電が備え付けのマンスリーマンションを利用すれば、引っ越し費用も抑えることができ、学生で敷金や礼金、引っ越し費用をバイトで捻出するといったことも解消できます。また、マンスリーマンションを利用し、長期の休校期間は実家に帰省し、家賃や各種費用を発生させないといった方法を採ることもできます。
東京都内にはマンスリーマンションも数多くあり、駅近くの物件も豊富です。大学近くの物件でも少し駅から離れるだけで、マンスリーマンションでも月当たりの利用料金が賃貸物件の契約と変わらないといってケースもあります。先ずは、キャンパス移動を含めて東京都内に住居を確保する際には、不動産業者へ相談してマンスリーマンションを選択してみませんか?

急な単身赴任にマンスリーマンションを活用しよう!

サラリーマンは人事異動により、いつ何時、東京都内に単身赴任になるかわかりません。辞令交付により単身赴任となった際、アパートを契約して、引越から家具家電の準備まで含めると高額な費用が発生してしまいます。家賃、敷金や礼金は会社負担としても家具家電を購入することは避けられません。しかし、東京都内のマンスリーマンションなら家具家電付きの物件も多数あります。
家具家電付きのマンスリーマンションで嬉しいポイントとしては、利用料金に全て組み込まれているという点です。そのため、全て会社負担とすることができ、引越後の費用負担の心配がありません。また、会社にとっても引越費用が必要最小限となるといったメリットがあります。また、数ヶ月や1年といった期間限定の単身赴任の場合、敷金や礼金が無駄にならないだけでなく、家具や家電を自宅に引き上げるといった手間も掛かりません。単身赴任にために買い揃えた家具や家電が勿体ないといって処分できず、自宅のスペースを食い潰してしまうことがなくなります。
そのほか、東京都内のマンスリーマンションは駅近くの物件で商業施設も充実した地域で契約することができるため、自動車を持って行けないという場合でも安心して生活できます。先ずは不動産業者へ相談してマンスリーマンションを検討しましょう。

様々な形で利用されているマンスリーマンションの特徴

一か月単位の短期で住むことを前提としたマンスリーマンションは、家具や家電付きで契約後すぐに生活ができる物件のことを言います。現在、こうしたマンスリーマンションは全国各地にあり、出張や単身赴任、家のリフォーム中の仮住まい、学生や受験生の一時的な住まいとして、様々な形で利用されています。また海外からの観光客がマンスリーマンションを利用することもあって、国内外を問わず、アクセスの良い東京都内の駅ちか物件などは非常に人気となっているようです。
さらに電気やガス、水道の使用開始のための手続きが不要で、料金に関しても家賃に含まれている、あるいは1日いくらと定額で定められているのが一般的です。ただし、水道光熱費の料金は不動産業者や物件で違うので、契約する前に換算法を業者に聞いておくと安心です。またたとえ定額であっても基準額を大幅に超すと別途料金が必要になることもあるので、常識の範囲でお使いくださいね。
というわけで東京に観光や出張の予定がある方は、不動産業者へ相談に行きましょう。東京都内の希望するエリアでマンスリーマンションを探してくれます。家具や家電などを一から揃える必要もないので、引っ越しも簡単に済みます。